無添くら寿司茅ヶ崎今宿店
2018-07-18 Wed 21:28
今日は茅ヶ崎今宿にあるくら寿司でランチをいただきました。
全国展開している回転寿司のチェーン店。
7月13日(金)~20日(金)土用丑の日まで熟成まぐろVSうなぎフェアー
300718r1 (3)
すしやのうな丼 680円(税別)

300718r1 (1)
豪華うなぎ三種盛り 200円(税別) フェア品

300718r1 (5)
肉厚とろ〆さば 100円(税別)

300718r1 (4)
熟成 大とろ(一貫) 200円(税別) フェア品

300718r1 (6)
こはだ 100円(税別)

今年もうなぎの稚魚は不良で高騰していますが、海外からは、この時期の輸入がピークをむかえています。
ちなみにうなぎの旬は冬、天然ものは脂がのって旨いと依然 うなぎ屋のご主人が言っていました。
今年は夏の土用丑の日は来月にもありますが、この日にうなぎを食べたから何かあるというわけでもなく、昔からの決め事が習慣になって日本人の胃袋を喜ばせているようです。
この夏の暑さ、夏バテ解消にはいいですね。

300718r1 (7)
ハンバーグや麺類、スイーツなどサイドメニューの多さには驚きますね。
ご馳走様でした。


スポンサーサイト
別窓 | 寿司 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
山加食堂 (やまかしょくどう)
2018-07-17 Tue 23:57
今日は平塚市真田にある山加食堂で昼飯をいただきました。
300717 (1)
キャベツからし定食 630円(税込)
東海大 湘南キャンパス近くにある学生の胃袋を満たしてくれる定食屋さん。
学生と話している大将、おかみさんは第二のパパ、ママのような やさしい接客。
料理はボリュームがあって、ライスも普通の量で大盛りサイズですね。(小-50円OR 大+50円)
聞き慣れない定食を注文してみましたが、ロールキャベツを思わせるケチャップのような味が入っていて、ご飯がとまりませんでした。
この料理は東海大卒業生もリピートしたくなる一皿ですね。
ご馳走様。

300717 (2)
また来ます、美味しかったです。
別窓 | 定食屋 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
まいどおおきに平塚神田食堂
2018-07-15 Sun 23:45
今日は平塚市田村にあるまいどおおきに平塚神田食堂でランチをいただきました。
300715r (1)
夏野菜カレー 680円(税別) 夏季限定

300715r (2)
揚げ出し豆腐 小 180円(税別)

300715r (3)
あじの南蛮漬け 120円(税別)
フジオフードシステムが手がける まいどおおおきに食堂のFC店。
おばちゃんが作る昭和のおふくろの味が並ぶ、フリースタンディングで完全セルフサービスのお店ですね。
ほかほかご飯と日本の昔からの和の食卓メニューがここにある。

300715r (4)
ご馳走様、また寄ります。
別窓 | 定食屋 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
横浜家系ラーメン 平塚魂心家(こんしんや)
2018-07-11 Wed 21:43
今日は平塚市東真土にある横浜家系ラーメン 平塚魂心家でランチをいただきました。
300711r (5)
ウィンチェスターつけ麺 ブラッディ 680円(税込) 
+チャーシュ1枚(まくり証明書サービス)
18時まで麺 大盛無料。
2018年6月20日(水)~2018年7月22日(日)期間限定のアメリカホラー映画
ウィンチェスターハウス】とのコラボつけ麺ようですね。

300711r (2)
レンゲの上に用意された紅色魚粉を投入すると、魂心家のクリーミーな豚骨ベースのつけ汁が見る見る間に、真っ赤なつけ汁に変わってくる。

300711r (3)
真っ黒な太麺はデトックス効果のある竹炭パウダーを練りこんでいるんではないでしょうか。
インパクト 大です。

300711r (4)
国道129号線沿い厚木方面へ ガスト平塚店向かいにある家系ラーメンのお店。
ご馳走様、お店のこのような試み 大好きです。
また寄らせていただきます。
別窓 | ラーメン | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
中国料理 大陸
2018-07-10 Tue 20:51
今日は平塚市代官町にある中国料理 大陸で久々に昼飯。
300710r (1)
酢豚 950円(税込)
ライス 190円(税込)
平塚駅南口 徒歩4分 地元では長い間 愛されている街の小さな中華屋さん。
平成という元号も変わろうという時代の流れの中に、まだ昭和を感じることができる空間。
カウンターに座ってのBGMは厨房の換気扇と中華鍋を振る音 そしてお店のテレビ。
今日もお店のスポーツ新聞を開いて料理を待っていると程なく料理が目の前に置かれ酢豚の甘酸っぱい香りが食欲をそそってくる。
熟練の料理人の何千と作り続けた完成された一皿がここに。

300710r (2)
ご馳走様、また来ます。
別窓 | 中華 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| 平塚を食べ尽くそう。 | NEXT>>